プロフィール

wawo

Author:wawo
30代まで、ミュージシャンを目指すも、結婚を機に印刷会社に就職。
以後二度の会社倒産を経験。
その間、地元にて趣味のコピーバンドに在籍。
定年退職後、自主制作CD 「Still Alive」を出し、現在に至る。

自主制作CD
「Still Alive」You Tube試聴

最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
フリーエリア
化粧品系 お試しセット

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

練習する際の考え方

私のように何か趣味を持ち、練習に励んでおられる方は
大勢いらっしゃることと思います。

特に、私のように、
本番に向かっての練習というような場合、
(残念ながら、まだその予定はありません・・・f^_^;。)

どうしても、うまくいかないような壁に
ぶち当たることがあります。


何回やっても同じところで間違える、
あるいは、今まで大丈夫だと思っていたようなところで
ミスをする…。


こんなことは日常茶飯時で、
もう、この曲はできないんじゃないか
と思うことがしばしばです。


しかし、練習をしていて
落ち込むということは、

誰にでもあることで、
それ自体は、仕方のないことだと思いますが、


それが何回か続くと、
諦めモードになってしまうことがあります。

そこで、最近思うようにしていることがあるのですが
それは、ミスをする箇所というのは、

本来、本番で間違えるべきところを
練習の段階で間違えてくれているのだから
良いのだと思う、ということです。

この考えで行くと、間違えるたびに、
あっ、これは本来、本番で間違えるべきところだったんだ、
という風に考えられるので、気持ちが少しは楽になります。

練習をやっていて、どうも自分は落ち込んでしまう
というような方、今述べたような考え方を
一度実践してみてはいかがでしょうか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。