プロフィール

wawo

Author:wawo
30代まで、ミュージシャンを目指すも、結婚を機に印刷会社に就職。
以後二度の会社倒産を経験。
その間、地元にて趣味のコピーバンドに在籍。
定年退職後、自主制作CD 「Still Alive」を出し、現在に至る。

自主制作CD
「Still Alive」You Tube試聴

最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
フリーエリア
化粧品系 お試しセット

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本物志向

本物志向という言葉がありますが、
この言葉には、本物を目指して切磋琢磨するという意味と、
本物でなければダメだという意味があるかと思います。

私は、この本物志向という言葉で
いつも気になってしまう楽器があります。

それはハモンドオルガンです。

このハモンドオルガンの深い豊かな響きには
まったくもって脱帽という他はありません。

私は今まで、この楽器を弾いたことがないので、
その音色の出し方や操作方法は全くわかりません。

しかし、今はその音をサンプリングした音源や、
回転スピーカーの効果をシュミレートした
エフェクターなどが出ています。

ご他聞に漏れず、私もそれらをキーボードにつなぎ、
使用していました。

しかし本物志向という観点から見れば、
比ぶべきもありません。

どうしてこんなことを書くかと言いますと、
以前、所属していたバンドのキーボーディストは、

実際の回転スピーカーを使い、
ドローバー付きのオルガンを使用していたのです。

そしてその音色は、私のサンプリングされた音色とは
雲泥の差がありました。

ただ、いま弾き語りの練習をしていて、
どうしてもこのハモンドオルガンの音が欲しくて、
少し迷っていました。

そこで先日、以前使っていた音源と
エフェクターを引っ張り出し、試しに弾いてみました。

そうすると、やはり曲のイメージが
ガラッと変わることに気づきました。

そこで思ったのですが、本物ではなくても、
ハモンドオルガンの雰囲気が出るだけでも

違ってくるということで、
これはこれで正解ではないかいうことです。

そんなわけで、今は電子ピアノの上に、
オルガンの音源をつないだ

ミニ鍵盤のキーボードを乗せ
練習しているという次第です。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。