プロフィール

wawo

Author:wawo
30代まで、ミュージシャンを目指すも、結婚を機に印刷会社に就職。
以後二度の会社倒産を経験。
その間、地元にて趣味のコピーバンドに在籍。
定年退職後、自主制作CD 「Still Alive」を出し、現在に至る。

自主制作CD
「Still Alive」You Tube試聴

最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
フリーエリア
化粧品系 お試しセット

黒鍵が苦にならなくなる

まあ、こんな感じで
一通り簡単なコードは

なんとか
弾けるようになりましたが、

一番良かったのは、
黒鍵を弾くのが

苦にならなくなった
ということです。

そして、
これによって、

コード譜の
指定コードそのままでも
何とか弾けるようになりました。

しかし、ここでも
一つ問題がありました。

それは、オブリガードが
入れられないということでした。

オブリガードとは、
主旋律のメロディーに対する

合いの手のようなもので、
即興のような形をとることが多いのですが、

このメロディーが、
やはり残念ながらハ長調で浮かぶのです。

そうすると、
ここぞという時に指が動かず、

演奏中つまづいてしまった、
というケースがよくありました。

そして、結局、最終的には
トランスポーズ奏法に戻る
ということになります。

まあ、今は弾き語りの伴奏なので、
なるべく多くの曲を演奏できるよう、

質より量ということで割り切り、
この奏法で頑張っています。

私のようなキーボード後発組は
まあ、それでもよいのかなとも
思っています。

ただ、残念なのは
アコースティックピアノが
弾けないということですが、

これについては、
決してお奨めは出来ませんが
私独自に考えた方法があります。

また、機会があったらお話したいと
思います。

指の形でコードを覚える

記号と言っても、
ピンとこない方が
いらっしゃるかと思いますが、

この記号というのは、
白丸と黒丸です。

つまり 白丸は白鍵、
黒丸は黒鍵を意味します。

そして、この白丸と黒丸を、
鍵盤上の指の位置に
合わせて書いていきます。

そしてさらに、
一番左の丸には
音名を書いておきます。

つまり、譜面のかわりに
記号を書いていくのです。

こうすると、これを見ることによって、
弾こうとするコードに対しての
指の形のイメージがつかめ、

何回も繰り返し練習することによって、
いろいろなコードフォームが、
頭の中に入ってきます。

そして、ここで気を付けることは、
丸を書く位置です。

白鍵の白丸に対して、
黒鍵の黒丸の位置を少し上に書きます。

こうすることによって、
コードフォームのイメージが、

実際のものに
より近くなってきます。

この、コードの上に
記号を書いていく作業は、
なかなか手間ですが、

いざ練習となった時、

このコードの押さえ方は
どんなんだったっけという場合、
とても参考になり、

曲の流れを、
とめてしまう時間が減ります。

それによって、
コードの響きの移り変わりを
楽しみながら練習することができ、

コードフォームの習得を
早める手段として、

私にとっては
非常に有効でした。

練習曲選び

少しコードの知識がある方は
ご存知かと思いますが、

コード進行の中で、
ツーファイブというものがあります。

このツーファイブは、
様々な曲で多用される典型的なコード進行で、

コードの流れを理解するには
欠かせないものです。

そして、
このツーファイブが程よく入り、

多くのの曲に使われるコード進行が、
網羅されていると思われる曲として

私は、ジャズのスタンダード曲
「枯葉」を選びました。

コードも、
難しいテンションコードなどは一切使わず、

マイナーセブン、メジャーセブン、セブンス等で
全てのキーでコードを書き出していきました。

ここでも、ダイアトニックコード対比表が
大活躍でした。

さて、全てのキーで枯葉のコードを書き出した後は、
いよいよコード弾きの練習です。

他の楽器でもそうだと思いますが、
一つのコードでも、

その音の並び方により
何種類か押さえ方があります。

ここで、指の位置が、あまり動かないように
コードの押さえ方を決めていったのですが、

ここからが、
通常のキーボードを学習する方と
私との違いが出てきます。

私は、コードを
指の形で覚える方法をとりました。

通常であれば、
譜面におこすのでしょうが、

私は譜面に弱く、
それをやっていたら、
膨大な時間がかかっていたでしょう。

それでは、どうしたか。

コードの上に、
和音の押さえ方が分かるよう
記号を書いていったのです。

曲中移調の対処方

私は以前、
ギターをやっていたため、
多少コードの知識はあります。

ただ、
ずぼらミュージッシャンだったので
複雑なコードや、

コード理論は、
あまりよく分かりません。

そこで、話は、
曲中移調の場合の対処方ですが、
とても簡単です。

それは、
キーボードを
もう一台用意するのです。

つまり、
そこで用意したキーボードに対し、

移調した調の部分を、
またまたハ長調の音程に直して、
プリセットして置くのです。

まったく、呆れたやり方と
お思いでしょうが、

この方法で、私は、
何曲もの曲中移調曲を
こなしてきました。

ただし、この方法だと当然ながら、
一回の移調にしか対処できません。

忙しいサラリーマン生活を
送りながらのバンド活動は

まあ、こんな感じでした。

よく、バンドなどで、
キーボード担当の方が

何台もキーボードを並べて
演奏されるのを見かけますが、

それは、音色の違うものを並べて
使い分けているのが殆どかと思います。

私の場合も、そういう使い方も
もちろんありましたが、

重要な使い方としては
移調対策でした。

たぶん、
このやり方は、絶対音感のある方には
不可能なのではないかと思います。

ただ、まわりのメンバーとの音合わせの際、
メロディー修正指示があった場合など、

原音で言われてしまうことによって、
非常に混乱してしまったという記憶があります。

つまり、こちらの頭は
完全にハ長調になっているので、

それをもとの音程に、
置き換えなくてはならなかったからです。

そんな時にはよく、
以前お話した、

ダイアトニックコード対比表を
あわてて持ち出して参照したものです。

まあ、こんな不便さもありましたが、
回りのメンバーの理解もあり、
なんとか曲をこなしていました。

そして、そんな私でしたが、
やはり、そんな事ばかりも
やっていられなくなり、

もう少し突っ込んで
キーボードをやらなくてはと
思うようになりました。

そこで、もっとコードフォームを
覚えるようにしなければならないということで、

なにか良い方法はないかと
真剣に考えるようになりました。

ただ、単調にコードフォームを
覚えていくというのは、

自分にとって、苦痛以外の
何ものでもないと分かっていたので、

楽しみながら、
持続可能な方法はないかと
思いいたったのは、

一つの曲を、
全ての調で、コード弾きしていく
というものでした。

再びモチベーションについて

前に、モチベーションを保ち続けることは
大変だということを書きましたが、

これは音楽に限らず、
全ての事に言えることだと思います。

実際、必要にせまられてやることと、
自分がこうありたいと思ってやる事では、
その取り組み方が違ってきます。

つまり、必要に迫られてやることは、
自分のモチベーションなどを

特に意識することは無いのですが、
自らこうありたいと思ってやることは、

特に期限がない場合、
モチベーションの維持は
非常に重要になってきます。

私の場合、
音楽活動に限っていうと、
気持ちに波があります。

そして、その振幅も大きいので、
とても厄介です。

「継続は力なり」とは
よく言われる言葉ですが、

モチベーションを上げる事によって、
継続していくか、

あるいは、継続する事によって、
モチベーションを保って行くか…。

私の場合は、熱しやすく、冷めやすい
という私の性格上、

後者の行き方が良いのかと思いますが、
その為に、継続用ハードルを
下げる必要があります。

その為のトランスポーズ奏法なのですが、
まあ、それで続けることが出来れば
良いのかな等と思っています。

そこで、以前お話した、
曲中に移調した場合の対処方、

あるいは、
込み入ったコードを

どう覚えたか、などを
ちょっと書いて見たいと思います。