プロフィール

wawo

Author:wawo
30代まで、ミュージシャンを目指すも、結婚を機に印刷会社に就職。
以後二度の会社倒産を経験。
その間、地元にて趣味のコピーバンドに在籍。
定年退職後、自主制作CD 「Still Alive」を出し、現在に至る。

自主制作CD
「Still Alive」You Tube試聴

最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
フリーエリア
化粧品系 お試しセット

練習する際の考え方

私のように何か趣味を持ち、練習に励んでおられる方は
大勢いらっしゃることと思います。

特に、私のように、
本番に向かっての練習というような場合、
(残念ながら、まだその予定はありません・・・f^_^;。)

どうしても、うまくいかないような壁に
ぶち当たることがあります。


何回やっても同じところで間違える、
あるいは、今まで大丈夫だと思っていたようなところで
ミスをする…。


こんなことは日常茶飯時で、
もう、この曲はできないんじゃないか
と思うことがしばしばです。


しかし、練習をしていて
落ち込むということは、

誰にでもあることで、
それ自体は、仕方のないことだと思いますが、


それが何回か続くと、
諦めモードになってしまうことがあります。

そこで、最近思うようにしていることがあるのですが
それは、ミスをする箇所というのは、

本来、本番で間違えるべきところを
練習の段階で間違えてくれているのだから
良いのだと思う、ということです。

この考えで行くと、間違えるたびに、
あっ、これは本来、本番で間違えるべきところだったんだ、
という風に考えられるので、気持ちが少しは楽になります。

練習をやっていて、どうも自分は落ち込んでしまう
というような方、今述べたような考え方を
一度実践してみてはいかがでしょうか。

本物志向

本物志向という言葉がありますが、
この言葉には、本物を目指して切磋琢磨するという意味と、
本物でなければダメだという意味があるかと思います。

私は、この本物志向という言葉で
いつも気になってしまう楽器があります。

それはハモンドオルガンです。

このハモンドオルガンの深い豊かな響きには
まったくもって脱帽という他はありません。

私は今まで、この楽器を弾いたことがないので、
その音色の出し方や操作方法は全くわかりません。

しかし、今はその音をサンプリングした音源や、
回転スピーカーの効果をシュミレートした
エフェクターなどが出ています。

ご他聞に漏れず、私もそれらをキーボードにつなぎ、
使用していました。

しかし本物志向という観点から見れば、
比ぶべきもありません。

どうしてこんなことを書くかと言いますと、
以前、所属していたバンドのキーボーディストは、

実際の回転スピーカーを使い、
ドローバー付きのオルガンを使用していたのです。

そしてその音色は、私のサンプリングされた音色とは
雲泥の差がありました。

ただ、いま弾き語りの練習をしていて、
どうしてもこのハモンドオルガンの音が欲しくて、
少し迷っていました。

そこで先日、以前使っていた音源と
エフェクターを引っ張り出し、試しに弾いてみました。

そうすると、やはり曲のイメージが
ガラッと変わることに気づきました。

そこで思ったのですが、本物ではなくても、
ハモンドオルガンの雰囲気が出るだけでも

違ってくるということで、
これはこれで正解ではないかいうことです。

そんなわけで、今は電子ピアノの上に、
オルガンの音源をつないだ

ミニ鍵盤のキーボードを乗せ
練習しているという次第です。

自己管理について

人は誰でも
管理されることを嫌がります。

ただ、ビジネスの世界においては
ある仕事を完結させるためには

人を管理したり、管理されたり
ということは、常に行われます。

しかし ひとたび
ビジネスを離れれば、

その必要はないので、
いつも自由でいたいと思います。

それでは、趣味の世界においては
どうでしょうか。

これは仕事ではないので、
自由にやればいいと思いがちです。

しかし 趣味においても、
その質をあげようと思えば

勝手気ままにやっていればよい
と言うわけには行きません。

それがたとえ、
息抜きのための趣味であったとしても、

長く続けていこうと思えば思うほど、
自己管理が必要となってきます。

これは人から
管理をされるのではなく、

自分で自分を管理する
ということなので、

かえって難しい部分が
あります。

そしてさらには、
一人で生活している分には良いのですが、

所帯を持っていたりすると、
周りの人間を

巻き込む事にもなるので、
こうして考えてみると、

一口に趣味といっても、
なかなか大変で、

ある程度の覚悟は、
必要になるかと思います。

何か趣味を持っていると、
人間の幅が広がる等と言われますが、

この、自己管理をしなければならない
ということにも

つながっているような
気がします。

新しいこと

先日、テレビのある番組で、
コシノジュンコさんが
ゲストとして出演されていました。

今も、精力的に活動されている
コシノさんに司会者の方が、

疲れることは無いのでしょうか?
と聞いたところ、

「繰り返しが疲れるのであって
常に新しいことをやっていれば
疲れることは無い」

といったようなことを
おっしゃっていました。

私は今、団塊ミュージシャンを
名乗っていますが、

以前、バンドをやっていた頃とは違い、
何のノルマもなく、

練習もマンネリ化してしまい、
かなり行き詰まった状態でした。

以前、モチベーションの維持
について書きましたが、

まさに、今の私は、
同じ事の繰り返しになっていて、

新しいことをやっていない
ということに思い当たりました。

何をやるにしてもそうですが、

常に何かないかな?というような
前向きな姿勢で臨まないと、

疲労感ばかりに、
足を引っ張られてしまい

モチベーションが
どんどん下がってしまう

ということに
気付かされた一言でした。

まあ、急ぐことはないと
思いますが、

また、新たな曲でも
やってみようかと思っています。

効果的な練習について

以前、ソロ活動についての記事で
一人で練習することの難しさについて書きましたが、
その事ついてちょっと書こうと思います。

その記事の中で、どうも
緊張感を持って練習に集中することが出来ない
というような事を書きましたが、

自分の中で、
これがその原因ではないかと
思われるような事に思い当りました。

つまり、そこで書いた緊張感というのが、
回りのメンバーと共に演奏することから
生まれるものと思っていましたが、

どうも、そればかりではなかったようです。

当然、一人で練習ということになると、
どういうスタイルで練習しようと自由です。

特に、私の場合は、弾き語りになるので
キーボードと歌ということになります。

ただ、バンドにいたころも
ボーカルを担当していたので
同じ条件となりますが、

唯一違っていたことがあることに
気がつきました。

それは、当然バンドなので、
マイクを通して歌っていたということです。

つまり、歌の最中は、マイク位置に対して
口を固定させなければならず、

また、同時に鍵盤にも
目をやらなければならない
という制約があった事を思い出しました。

しかし、一人になることで
これらの制約がなくなり、
一見やりやすいように見えますが、

これが演奏に対する集中力を
削ぐ結果となっていたのです。

どういうことかと言いますと、
上記のようにマイク位置に対して

口を固定させることによって
体が縛られるような状況が生まれます。

そして、それによって
演奏している曲に対しての集中力が
高まるということが分かったのです。

つまり、
上体がふらふらした状態で演奏すると、

リズムや曲に対する表現力などが
散漫になってしまうのです。

これはとりもなおさず、
体の軸を意識するということに
つながっているのかも知れません。

そんなことで、
何でも自由に出来るということが

必ずしも良い結果につながるとは
限らないという事が分かった
という次第です。