プロフィール

Author:wawo
30代まで、ミュージシャンを目指すも、結婚を機に印刷会社に就職。
以後二度の会社倒産を経験。
その間、地元にて趣味のコピーバンドに在籍。
定年退職後、自主制作CD 「Still Alive」を出し、現在に至る。

自主制作CD
「Still Alive」You Tube試聴

最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
フリーエリア
化粧品系 お試しセット

紀行番組を見て

先日、テレビの紀行番組で、
炭焼きの技術を後世に残すべく奮闘しているご老人と、

この地方で江戸時代から伝わる
小砂焼という焼き物を学ぶべく、

父の元で修行をしている若き長男の様子が
放送されていました。

この放送を見て思ったのですが、
仕事には、今のままの状態で
後世に残さなければならない仕事と、

その仕事内容がどんどん変化していくような
仕事があるということです。

前者の方は、伝統的な技術で継承され、
その方法でなければ後世に伝えられず、

社会的にも希少価値があると
認められているようなもので、

後者の方は、時代の変化とともに
変わって行かなければ

その仕事自体がなくなってしまう
というようなものだと思います。

どちらも仕事ということに
変わりはないのですが、
その意識の置き所が全く違うように思います。

かたや今まで伝わってきたやり方を忠実に再現し
その品質をそのままに後世に残していく、

かたや昔ながらのやり方でやっていては
時代に取り残されてしまうということで

試行錯誤を繰り返し、
新たな道を切り開いて行く。

私が以前勤めていた会社は、
後者の部類の仕事であったにもかかわらず、

昔からのやり方にこだわり続けていたため、
倒産を余儀なくされてしまったという経緯があります。

今の時代、どんどん新しいものが出てくる中で、
会社も個人も、常に新しい動向を見ながら

前に進まなければならないという
難しい状況になっている中、

それとは全く違う、伝統の継承という重みのなかで
奮闘されている方達の様子を見て、

その底に流れる仕事の持つ厳しさというものを
感じたという次第です。

練習する際の考え方

私のように何か趣味を持ち、練習に励んでおられる方は
大勢いらっしゃることと思います。

特に、私のように、
本番に向かっての練習というような場合、
(残念ながら、まだその予定はありません・・・f^_^;。)

どうしても、うまくいかないような壁に
ぶち当たることがあります。


何回やっても同じところで間違える、
あるいは、今まで大丈夫だと思っていたようなところで
ミスをする…。


こんなことは日常茶飯時で、
もう、この曲はできないんじゃないか
と思うことがしばしばです。


しかし、練習をしていて
落ち込むということは、

誰にでもあることで、
それ自体は、仕方のないことだと思いますが、


それが何回か続くと、
諦めモードになってしまうことがあります。

そこで、最近思うようにしていることがあるのですが
それは、ミスをする箇所というのは、

本来、本番で間違えるべきところを
練習の段階で間違えてくれているのだから
良いのだと思う、ということです。

この考えで行くと、間違えるたびに、
あっ、これは本来、本番で間違えるべきところだったんだ、
という風に考えられるので、気持ちが少しは楽になります。

練習をやっていて、どうも自分は落ち込んでしまう
というような方、今述べたような考え方を
一度実践してみてはいかがでしょうか。

オルガン音源について

以前、本物志向という記事の中で、
ハモンドオルガンの音色について書きました。

その記事の中で、現在は、自分の持っている
MIDI音源のオルガン音色で音を出していると書きましたが、

その後、ハモンド社製のMIDI音源があるのではないかと
ネットで探してみたところ、

はたして、その音源があるということが
わかりました。

今は生産中止となっているようですが、
たまたま、ヤフーオークションで検索してみた結果、
それが、ちょうど出展されていました。

しかもその音源は、
ドローバーとセットで出展されており、

ここぞとばかりに入札し、
なんとか落札することができました。

もちろん新品ではないのですが、
設定、音色等には全く問題がなく、

まさにハモンドオルガンの音ということで、
とても気に入っています。

特に、ドローバーによって、
倍音の設定が自由にできるので、
様々な音色を出すことができます。

多分、新品で買えば、
高額で手が出せなかったと思いますが、

オークションということもあり、
安価に手に入れることが出来、とてもラッキーでした。

そして、ここで思ったのですが、
やはり、一つのことを真剣に思っていると、

いろいろなタイミングで
実現することもあるんだということです。

そんなことで、今年は
さい先のよいスタートをきれそうです。

免許返納と自動運転

先日、テレビで、高齢者ドライバーに対し、
免許返納を進めるキャンペーンを
警察官が行っているニュースをやっていました。

最近の、高齢者ドライバーによる
死亡事故を受けての取り組み、ということで、

1台ずつチラシなどを配り、
注意喚起をしている映像が流れていました。

私もそろそろ高齢者の仲間入りをするということもあり、
これはなかなか深刻な問題だと思いながら見ていました。

これから増え続ける高齢者の方たちは、
ちょうど高度成長期の時代を生きてきた方々で、
車とは切っても切れない関係にあった人達がほとんどです。

そんな中で、すすんで免許返納をするような方たちが
どれだけいるかということです。

ただ、私がそこで注目しているのが
自動運転の技術です。

要は、高齢者であっても事故を起こさなければ、
あるいは、事故を起こす確率が非常に低くなれば、

高齢者の方の免許証の返納、ということも
必要なくなってくるのではないでしょうか。

まあ、そのようなことが近い将来、或いは遠い将来、
現実に起こるのかどうかわかりませんが、
今の私にとっては、非常に興味のある問題です。

先日も、ある自動車メーカーが高速道路に限り、
一部、自動運転を実現した車を発売しました。

これなども、高速道路の大渋滞などで
頻繁に行わなければならない

ブレーキとアクセルの操作を
片代わりしてくれるとなると、
運転者は、とても助かるのではないでしょうか。

もし、これが本当に安全で有効ということになれば、
今後の普及に、拍車がかかると思います。

私も、これから何回免許更新が出来るか分かりませんが、
車好きの私としてはとても気になるところです。


本物志向

本物志向という言葉がありますが、
この言葉には、本物を目指して切磋琢磨するという意味と、
本物でなければダメだという意味があるかと思います。

私は、この本物志向という言葉で
いつも気になってしまう楽器があります。

それはハモンドオルガンです。

このハモンドオルガンの深い豊かな響きには
まったくもって脱帽という他はありません。

私は今まで、この楽器を弾いたことがないので、
その音色の出し方や操作方法は全くわかりません。

しかし、今はその音をサンプリングした音源や、
回転スピーカーの効果をシュミレートした
エフェクターなどが出ています。

ご他聞に漏れず、私もそれらをキーボードにつなぎ、
使用していました。

しかし本物志向という観点から見れば、
比ぶべきもありません。

どうしてこんなことを書くかと言いますと、
以前、所属していたバンドのキーボーディストは、

実際の回転スピーカーを使い、
ドローバー付きのオルガンを使用していたのです。

そしてその音色は、私のサンプリングされた音色とは
雲泥の差がありました。

ただ、いま弾き語りの練習をしていて、
どうしてもこのハモンドオルガンの音が欲しくて、
少し迷っていました。

そこで先日、以前使っていた音源と
エフェクターを引っ張り出し、試しに弾いてみました。

そうすると、やはり曲のイメージが
ガラッと変わることに気づきました。

そこで思ったのですが、本物ではなくても、
ハモンドオルガンの雰囲気が出るだけでも

違ってくるということで、
これはこれで正解ではないかいうことです。

そんなわけで、今は電子ピアノの上に、
オルガンの音源をつないだ

ミニ鍵盤のキーボードを乗せ
練習しているという次第です。